「ウィズネイルと僕」の概要

1960年代のロンドンのダウンタウンに住む'僕'とウィズネイルは役者を目指しているが、売れない日々を過ごす。日常から逃れるために、ウィズネイルの叔父・モンティの別荘を借りることになったが…。

「ウィズネイルと僕」のあらすじとネタバレ

1969年のロンドン・カムデンダウンに住む'僕'とウィズネイル。2人は、役者を目指しているが、売れない日々で、酒とドラッグに溺れながら貧しい生活を送っている。ウィズネイルに至っては、自意識が高く仕事を選ぶ始末で、'僕'の家に居候をしています。

そんなある日、ウィズネイルは彼の資産家の叔父・モンティが持つ別荘を借り、旅行する計画を持ちかけます。'僕'は、気味の悪い笑みを浮かべながら、やたらと体を触ってくるモンティが苦手でしたが、叔父が'僕'を気に入っていると知っているウィズネイルは、'僕'から打診するように言います。

モンティから別荘を借りることができた2人は、悪天候の中、ぼろぼろの車でなんとか別荘にたどり着きます。しかし、お金のない2人はまともな食事や薪を買うことすらできません。そこにモンティが現れ、ともに休暇を過ごすことになります。モンティのおかげで食事にありつけたウィズネイルは気を良くし、モンティに'僕'がゲイだと嘘をつきます。その夜、モンティは'僕'の寝室に忍び込み、迫ってくるモンティ。間一髪のところでウィズネイルが入ってきて、'僕'は貞操を守ることができます。

翌朝、バツの悪いモンティは帰ります。'僕'とウィズネイルの間にも微妙な空気が流れます。

2人がロンドンへ戻ると、'僕'に大役のオーディションの話が舞い込みます。焦りを感じたウィズネイルは、'僕'にしつこく絡んできます。役を仕留めた'僕'は、怠惰な生活から離れて本腰を入れるため旅立つ決意をします。

旅立ちの日、雨の中'僕'を待っていたウィズネイルは酒を差し出しますが、'僕'は断り旅立ちます。'僕'が去った公園で、ウィズネイルが一人、ハムレットを演じます。

 「ウィズネイルと僕」で英語学習のポイント

「ウィズネイルと僕」のおすすめの視聴方法と学習方法

現在の英語力や「英語学習をしたいのか」、「純粋に映画やドラマの内容を楽しみたいか」によりおすすめの動画配信サイトは変わってきます。

時間がある方は

  • 英語音声+字幕なしで繰り返し見る
  • 英語音声+字幕なし→英語字幕あり→繰り返し見る
  • 英語音声+字幕なし→英語字幕あり→日本語字幕


といった方法でドラマや映画を視聴すると語彙力やリスニング力が鍛えられます。

管理人のオススメは英語音声+英語字幕で意味がわかるまで繰り返し見る!です。

英語字幕や日本語字幕の有無を参考にして、視聴する動画サイトを選んでくださいね。

「ウィズネイルと僕」を視聴した感想

「ウィズネイルと僕」の舞台、イギリスではいまだに人気の作品です。将来に焦りを感じながらも仲間と過ごす怠惰な日常と、その愚かさに気付いたときの’僕’の決心やウィズネイルの心境は、受け身で日々なんとなく過ごしてしまう現代人にとって、大切なものを教えてくれる作品です。

おすすめの記事