「若草の祈り」の概要

ロンドンの裕福な家庭で育ったロベルタ、フィリス、ピーターの3姉弟は、ある日、父親が連行されてしまい、ヨークシャーの田舎に引っ越すことになります。父親がいなくなり悲しむ母親と3姉弟でしたが、田舎の大自然の中で、次第に元気を取り戻します。3人のお気に入りは、汽車を見送ることで、駅員や乗客と交流を重ね、仲良くなっていきます。

イーディス・ネズビットの児童文学『The Railway Children』が原作です。イギリスでは、有名なクラシック映画です。

「若草の祈り」のあらすじとネタバレ

ロベルタ、フィリス、ピーターの3姉弟は、外務省に務める父親と、明るい母親とロンドン郊外の裕福な家庭で育ちます。
ある日、突然訪ねてきた男たちに、父が連行されてしまいます。残された家族は、メイドを解雇し、ヨークシャー地方の田舎に引っ越すことにします。母親と3姉弟は、3本の煙突がたつあばら屋で生活を始めます。3姉弟は、田舎の大自然の中を駆け回り、やがて近くを通る汽車を見るのが日課となります。

パークス駅の駅員パークスさんとも仲良くなります。とくに3人のお気に入りは、”グリーン・ドラゴン”という汽車でした。”グリーン・ドラゴン”の1等車に乗っている老紳士とは、毎日手を振り合う中になります。
しかし、突然母親が過労で倒れてしまいます。困った3姉弟は、手紙を書いて、パークスさんから老紳士に渡してもらいます。パークスさんは、袋いっぱいのビスケットを持ってきてくれ、手紙を読んだ老紳士が、厚く介抱をしてしてくれたおかげで、母の容態は快方します。さらに老紳士は、父親の状況も調査してくれます。また、3人は駅で倒れていたロシア人の作家を助けます。彼は、シベリアに流刑され脱走してきたロシア人で、すでにイギリスに亡命している妻子を探しにきたのでした。

ある日、いつものように汽車を見に行こうとする3姉弟は、土手が崩れて線路が塞がれているのを目撃します。汽車が事故を起こさないように、3人は線路の上に立ち、ロベルタとフィリスの真っ赤なペチコートを旗にして、汽車を止めます。大事故を回避させた3姉弟は、鉄道会社から賞賛されます。

ところが、新聞で父がスパイ容疑で5年の懲役になっていたことを知った家族は愕然とします。ある日、汽車を見送っていると、大勢の乗客が3姉弟に手を振ってくれます。何かを感じた3人が、駅のホームに向かうと、父がいました。老紳士の尽力のおかげで、濡れ衣を着せられていた父親は、無事に釈放されたのでした。また、老紳士は亡命中のロシア人の妻子の行方も調べてくれていました。

 「若草の祈り」で英語学習のポイント

「若草の祈り」のおすすめの視聴方法と学習方法

現在の英語力や「英語学習をしたいのか」、「純粋に映画やドラマの内容を楽しみたいか」によりおすすめの動画配信サイトは変わってきます。

時間がある方は

  • 英語音声+字幕なしで繰り返し見る
  • 英語音声+字幕なし→英語字幕あり→繰り返し見る
  • 英語音声+字幕なし→英語字幕あり→日本語字幕


といった方法でドラマや映画を視聴すると語彙力やリスニング力が鍛えられます。

管理人のオススメは英語音声+英語字幕で意味がわかるまで繰り返し見る!です。

英語字幕や日本語字幕の有無を参考にして、視聴する動画サイトを選んでくださいね。

「若草の祈り」を視聴した感想

3姉弟の大人たちとの交流や、助け合う姿にほっこりする映画です。汽車を止めるために真っ赤なペチコートを振るシーンが有名です。

おすすめの記事