「怒りの刑事」の概要

イギリスのとある小さな町で、幼い少女がレイプされる事件が連続しています。警察が乗り出し、ある日、容疑者の男が捕まります。ベテラン刑事のジョンソンは、1人先走って容疑者の尋問を始めます。しかし、尋問の途中で激怒したジョンソンは、容疑者の男を殴り殺してしまいます……。

「007シリーズ」ジェームズ・ボンド引退後の、ショーン・コネリー持ち込みの持ち込みで、舞台用の戯曲の映画化です。

「怒りの刑事」のあらすじとネタバレ

イギリスのとある小さな町で、幼い少女がレイプされる連続事件が起きていました。さらに、行方不明の少女がでて、20年目のベテラン刑事のジョンソンは熱心に捜索をします。
森の中で怯える少女を発見したジョンソンは、犯人の特徴を聞き出そうとしますが、少女は憔悴しきっています。そのころ、容疑者のケネス・バクスターという男が見つかったと連絡を受けます。

バクスターは、身なりの良い紳士的な男で、酔っ払っていて挙動不審で連れてこられただけでした。バクスターが連続レイプの犯人という確証がないうちに、ジョンソンは1人尋問を始めます。曖昧な態度をとるバクスターに、激怒したジョンソンは殴りかかります。
同僚に止められ、我に返ったジョンソンは、そのまま自宅に帰ります。
今までたくさんの残虐な事件を目にしてきたジョンソンは、自分の心も荒み、家では妻・モーリーンと激しい口論をしてしまいます。

翌日、カーライト刑事監督に先日の内部調査を受けるジョンソン。
場面はフラッシュバックし、バクスターは、ジョンソンに密かに性犯罪を犯したい欲望があるのではないかと嘲笑います。怒りが爆発したジョンソンは、バクスターを殴り倒します。そしてジョンソンは、殺人や強姦欲求があることを認め涙を流し始め、バクスターに救いを求めます。バクスターは、気味悪がり、ジョンソンから距離をとると、ジョンソンはボクスターを殴り、彼を殺してしまいます。

そして、ジョンソンを止めに入った警察官を攻撃し、「神よ…」と呟くと、ジョンソンは自分がしたことに気がつきます。

 「怒りの刑事」で英語学習のポイント

「怒りの刑事」のおすすめの視聴方法と学習方法

現在の英語力や「英語学習をしたいのか」、「純粋に映画やドラマの内容を楽しみたいか」によりおすすめの動画配信サイトは変わってきます。

時間がある方は

  • 英語音声+字幕なしで繰り返し見る
  • 英語音声+字幕なし→英語字幕あり→繰り返し見る
  • 英語音声+字幕なし→英語字幕あり→日本語字幕


といった方法でドラマや映画を視聴すると語彙力やリスニング力が鍛えられます。

管理人のオススメは英語音声+英語字幕で意味がわかるまで繰り返し見る!です。

英語字幕や日本語字幕の有無を参考にして、視聴する動画サイトを選んでくださいね。

おすすめの記事