「名もなき塀の中の王」の概要

少年院に入っていたエリックは、暴力を繰り返し、成人刑務所へ移送されることになります。そこで、エリックに近寄ってきた中年の男性は、実はエリックの父親ネビルでした。ネビルは、エリックを心配し、問題を起こさないように注意しますが、エリックはトラブルばかり起こします。
オリバーのカウンセリングを受け始めたエリックは、感情のコントロールができるようになり、次第に周囲とも関係を築けるようになります。しかし、いちいち干渉してくる父ネビルに嫌気がさしてしまいます。

「名もなき塀の中の王」のあらすじとネタバレ

少年院にいる19歳のエリック・ラブは、凶暴なため要注意人物に指定されて刑務所へ移送されます。独房に入れられたエリックは、入所してすぐに歯ブラシとカミソリでナイフを作り隠します。刑務所で、エリックが幼い時に生き別れた父ネビルと再開します。終身刑で出所することができないネビルは、エリックに「生き残りたければ目立つことをするな」とアドバイスします。エリックは、生き別れた父親ネビルに会うために成人刑務所にきたことを告白します。
しかし、聞く耳を持たないエリックは、親切に声をかけてきた囚人を殴り暴れます。暴れた際、エリックはカウンセラーのオリバー・バーマーが開く集会に転がり込んでしまいます。看守がエリックに酷く当たることに気が付いたオリバーは、エリックのカウンセリング治療をすることにします。

オリバーのカウンセリング集会に参加したエリックは、早くに母親を亡くし、入れられた施設では職員から性的虐待を受けていた過去を話します。最初は、オリバーもその職員と同じだと思っていたエリックですが、本心から否定したオリバーを見て、エリックはカウンセリングに参加することにします。
カウンセリングに参加している他の囚人に反抗的な態度をとっていたエリックですが、参加した囚人が感情のコントロールを身につけたことを知り、エリックも努力を始めます。 ネビルを訪ねたエリックは、父親が同室の囚人と恋人関係にあることにショックを受けますが、カウンセリングやトレーニングを続ける様になります

ある日、他の囚人から襲われたエリックは、黒幕のデニス・スペンサーを挑発します。
カウンセリングのおかげで、エリックは感情の怒りの感情を次第にコントロールできる様になっていき、囚人仲間とも良好な関係を築けるようになります。
エリックの様子を見に、カウンセリング集会に参加したネビルは、エリックの様子に腹を立てて騒ぎます。その場は怒りを抑えたエリックですが、ネビルがいなくなると、感情を爆発させてしまいます。騒ぎを聞きつけた看守はエリックを懲罰房へ入れてしまいます。刑務所の対応にがっかりしたオリバーは、辞職してしまいます。

スペンサーの指示で、副刑務所長のヘインズは懲罰房にいたエリックの首に縄をかけて吊るし、殺害しようとします。駆けつけたネビルがエリックを助けると、意識を戻したエリックなネビルの腕の中で泣き崩れます。ネビルは、スペンサーに復讐をし、その罪で他の刑務所に移送されることになります。ネビルを見送りにきたエリックは、顔を寄せ合い別れの挨拶をします。

 「名もなき塀の中の王」で英語学習のポイント

「名もなき塀の中の王」のおすすめの視聴方法と学習方法

現在の英語力や「英語学習をしたいのか」、「純粋に映画やドラマの内容を楽しみたいか」によりおすすめの動画配信サイトは変わってきます。

時間がある方は

  • 英語音声+字幕なしで繰り返し見る
  • 英語音声+字幕なし→英語字幕あり→繰り返し見る
  • 英語音声+字幕なし→英語字幕あり→日本語字幕


といった方法でドラマや映画を視聴すると語彙力やリスニング力が鍛えられます。

管理人のオススメは英語音声+英語字幕で意味がわかるまで繰り返し見る!です。

英語字幕や日本語字幕の有無を参考にして、視聴する動画サイトを選んでくださいね。

おすすめの記事