「Passport to Pimlico」の概要

第二次世界大戦中、ドイツ軍に勝利したチャーチル首相ですが、1945年7月の選挙でまさかの大敗をしてしまいます。政権を労働党のクレメント・アトレーに明け渡すことになりますが、戦時中と同じように物資配給による生活を強いられる民衆は、復興の遅さに業を煮やし不満が溜まっている時代。

「Passport to Pimlico」のPimlico(ピムリコ)はロンドン中心地にあるエリアで、ピムリコに不発爆弾が隠され、その地域がフランスのブルゴーニュの一部であると宣言する古代文書を見つけます。鬱憤のたまったロンドン市民が英国からの独立を宣言した、というドタバタ喜劇です。

 「Passport to Pimlico」で英語学習のポイント

「Passport to Pimlico」のおすすめの視聴方法と学習方法

現在の英語力や「英語学習をしたいのか」、「純粋に映画やドラマの内容を楽しみたいか」によりおすすめの動画配信サイトは変わってきます。

時間がある方は

  • 英語音声+字幕なしで繰り返し見る
  • 英語音声+字幕なし→英語字幕あり→繰り返し見る
  • 英語音声+字幕なし→英語字幕あり→日本語字幕


といった方法でドラマや映画を視聴すると語彙力やリスニング力が鍛えられます。

管理人のオススメは英語音声+英語字幕で意味がわかるまで繰り返し見る!です。

英語字幕や日本語字幕の有無を参考にして、視聴する動画サイトを選んでくださいね。

「Passport to Pimlico」を視聴した感想

公開年は1949年と、とても古い作品ですが、個性的で愛らしいキャラクターたちやイギリスらしいジョークにクスッとなります。

おすすめの記事