「オルランド」の概要

16世紀末のイングランド、貴公子のオルランドは、エリザベスⅠ世の寵愛を受けて、永遠の若さと命を授けられます。恋や詩作に打ち込むオルランドは、トルコに大使として赴きます。そこで生涯の友となった王が亡くなってしまいます。イングランドに戻ったオルランドは、長い眠りに就きます。オルランドが目を覚ますと、1世紀もの年月が経ち、体は女性になっていました……。/p>

20世紀英国文学を代表する女流作家ヴァージニア・ウルフ「」が原作です。

「オルランド」のあらすじとネタバレ

16世紀末のイングランド、エリザベスⅠ世の寵愛を受けたオルランドは、「若さを失わない限り、お前とその子孫にこの邸を授ける」と、永遠の若さと命を授けられます。
父の死により、結婚し爵位を継ぐはずだったオルランドは、ロシアの皇女と恋に落ちます。婚約者は去り、オルランドが駆け落ちを持ちかけると、皇女も去ってしまいます。
次に彼は、詩作に打ち込みますが、天才詩人グリーンに罵倒され挫折します。
その後、トルコの大使として赴任し、生涯の友の契りを交わした王が戦いの中で死んでしまい、オルランドはイングランドへと戻ります。そして、1世紀もの長い眠りに落ちると、目が覚めたとき、なんと女性になっていました。

18世紀のイングランドで生きることになったオルランドは、華やかな衣装に身を包み、社交界デビューを果たします。しかし、女性の立場が弱い時代、「結婚によってのみ女は夫から価値を与えられる」というハリー大臣に、オルランドは言い寄られますが、相手にしません。怒ったハリー大臣は、「女性に相続権はない」と主張しハリーを邸から、追い出す訴訟を起こします。
そんな中、オルランドは、風来坊のシェルマディンに出会い、生涯の伴侶とします。しかし、彼の自由な生き方を尊重し、旅立たせます。

さらに時代は進み、オルランドは女児を生み、作家となります。実家の邸は失ってしまいましたが、ライダースーツに身を包みバイクを走らせるオルランドは、時代を超えて自立と自由を手に入れます。

 「オルランド」で英語学習のポイント

「オルランド」のおすすめの視聴方法と学習方法

現在の英語力や「英語学習をしたいのか」、「純粋に映画やドラマの内容を楽しみたいか」によりおすすめの動画配信サイトは変わってきます。

時間がある方は

  • 英語音声+字幕なしで繰り返し見る
  • 英語音声+字幕なし→英語字幕あり→繰り返し見る
  • 英語音声+字幕なし→英語字幕あり→日本語字幕


といった方法でドラマや映画を視聴すると語彙力やリスニング力が鍛えられます。

管理人のオススメは英語音声+英語字幕で意味がわかるまで繰り返し見る!です。

英語字幕や日本語字幕の有無を参考にして、視聴する動画サイトを選んでくださいね。

おすすめの記事