「英国王のスピーチ」概要

「英国王のスピーチ」は、英国王室の実話に基づいた、内気な英国王と家族や友人の信頼関係、国民に受け入れられていく物語です。
幼少時から吃音障害があり、内気なヨーク公(後のジョージ6世)は、父ジョージ5世の急な死去と兄の王位退位により、図らずも即位することになりました。夫を支える妻・エリザベス妃とスピーチ矯正の専門家ライオネルとの友情に支えられ、ジョージ6世が国民に認められるようになるまでの物語です。

「英国王のスピーチ」のあらすじとネタバレ

英国王ジョージ5世の第二皇太子として生まれたヨーク公は、吃音障害(話すときにどもってしまう)がありました。王室の公務として、スピーチをしますが、吃音障害によって失敗してしまいます。何人もの言語聴覚士の治療を受けるヨーク公ですが、一向にうまく話すことができず、心配した妻のエリザベスは、スピーチ矯正の専門家・ライオネルの診療所を訪れます。

しかし、王室の自分に馴れ馴れしい態度をとるライオネルの治療法は自分には合わないといい、ヨーク公は帰ってしまいます。

英国王ジョージ5世が死去し、ヨーク公の兄であるデイビッドが’エドワード8世’として王位継承しますが、バツイチのアメリカ人女性ウォリスと結婚するために、即位後1年も経たないうちに退位してしまいます。そのため、第二皇太子であるヨーク公が’ジョージ6世’として王位につきました。

しかし、王位継承のスピーチに失敗してしまい、自信のないジョージ6世(ヨーク公)は、ライオネルの元を再び訪れ、トレーニングを再開します。オーストラリア人のライオネルの治療法は驚く方法ばかりで、音読をレコードに録音したり、歌いながら言いたいことを発したり、汚い言葉を発したりと言うものでした。ジョージ6世は次第にライオネルに心を開き、父親からのプレッシャー、兄へのコンプレックス、乳母からの虐待についてすこしずつ話していきます。ライオネルは、ジョージの吃音障害は生まれつきではないことに気づき、彼の友人として接しようとします。

ナチス・ドイツが開戦を宣告し、第二次世界大戦が開幕します。開戦に揺れる英国民は王の言葉を待ち望んでいました。ライオネルは友人としてジョージの側につき、「友人に話すように話しなさい」とアドバイスを受けたジョージ6世のスピーチは大成功を納めます。

 「英国王のスピーチ」で英語学習のポイント

「英国王のスピーチ」は、王室がテーマの作品なので、クイーンズ・イングリッシュが多く出てきます。吃音症の治療をする過程で、本格的な発音のブリティッシュ・イングリッシュが学べます。英語で話すことに苦手意識がある人にも参考になる映画です。

「英国王のスピーチ」のおすすめの視聴方法と学習方法

現在の英語力や「英語学習をしたいのか」、「純粋に映画やドラマの内容を楽しみたいか」によりおすすめの動画配信サイトは変わってきます。

時間がある方は

  • 英語音声+字幕なしで繰り返し見る
  • 英語音声+字幕なし→英語字幕あり→繰り返し見る
  • 英語音声+字幕なし→英語字幕あり→日本語字幕

といった方法でドラマや映画を視聴すると語彙力やリスニング力が鍛えられます。

管理人のオススメは英語音声+英語字幕で意味がわかるまで繰り返し見る!です。

英語字幕や日本語字幕の有無を参考にして、視聴する動画サイトを選んでくださいね。

「英国王のスピーチ」を視聴した感想

うまく(英語で)話せないもどかしさは、ノンネイティブの英語学習者からすると、他人事には思えない部分があります。話せない壁に当たりながら、妻エリザベスの愛情や、ライオネルとの友情により、国民に受け入れられていく国王ジョージの姿に勇気をもらえます。
また、英国王室についてや、クイーンズ・イングリッシュも学べる作品です。