「London to Brighton」の概要

ロンドンの駅の公衆トイレで1人の家出少女が泣いています。一緒にいるのは、目の周りに青アザがある女性。女性は少女を慰めています。2人は、ギャングの部下に追われ逃げている身でした。しばらくして、女性は少女を連れ、ブライトン行きの列車に乗ります。

「London to Brighton」のあらすじとネタバレ

ロンドン、キングス・クロス駅のの公衆トイレで、11歳の家出少女ジョアンヌが泣いています。25歳の娼婦ケリーはジョアンヌには、目の周りに殴られた跡があり、ジョアンヌを慰めています。しばらくして、ケリーはジョアンヌを連れて、ブライトン行きの列車に乗り込みます。

スチュアートは、ボスである自分の父親が床に横たわってい死んでいるのを見つけました。スチュアートは混乱し、部下のデレクに質問すると、最後に父親が生きていたのを見たのは、幼い少女と女性だったと話しました。スチュアートは、デレクに少女を見つけるよう命令しました。

ケリーの客引きのデレクは、ケリーに暴力を振ります。ある日、小児性愛者のボスのために、少女を調達するようにケリーに言います。ケリーはウォータールー駅で乞食をしていたジョアンヌを見つけ、デレクのボスに紹介します。ケリーは自分のやったことを後悔しますが、それを止めることはできませんでした。

ブライトンに着いたケリーは、ジョアンヌを連れて友人カレンを訪ね、匿ってもらうことにします。ケリーは、ジョアンヌに母性のようなものを感じ、ジョアンヌがデボンにいる祖母のところへ帰るためのお金を作るために、自分の身を売ります。しかし、カレンの裏切りによって、2人の居場所がバレてしまいます。

デレクと仲間たちは、ジョアンヌを誘拐し、スチュアートの元に連れて行きます。デレクたちはジョアンヌとケリーの墓を掘り始めます。しかし、スチュアートは、間違っていたのは自分の父親で、少女は被害者だったことに気がつきます。そして、2人を生かすことにして、デレクたち部下を代わりに墓に落とします。

自由の身になったジョアンヌとケリーは、デボンに行きます。ケリーは、祖母に抱擁されるジョアンヌを見て去って行きます。

 「London to Brighton」で英語学習のポイント

「London to Brighton」のおすすめの視聴方法と学習方法

現在の英語力や「英語学習をしたいのか」、「純粋に映画やドラマの内容を楽しみたいか」によりおすすめの動画配信サイトは変わってきます。

時間がある方は

  • 英語音声+字幕なしで繰り返し見る
  • 英語音声+字幕なし→英語字幕あり→繰り返し見る
  • 英語音声+字幕なし→英語字幕あり→日本語字幕


といった方法でドラマや映画を視聴すると語彙力やリスニング力が鍛えられます。

管理人のオススメは英語音声+英語字幕で意味がわかるまで繰り返し見る!です。

英語字幕や日本語字幕の有無を参考にして、視聴する動画サイトを選んでくださいね。

おすすめの記事