「リトル・ダンサー」の概要

1984年のイギリス北部の田舎町で、厳格な父と兄の反対を受けながら、バレエを練習する主人公の少年ビリー。男性がバレエをすることが一般的ではない時代に、家族の反対や貧困に葛藤しながら、バレエに楽しみを見つけ出す物語です。

原題は主人公の少年の名前「Billy Elliot」です。


「リトル・ダンサー」のあらすじとネタバレ

舞台は1984年イギリス北部の小さな町ダーラム。主人公の少年11歳のビリー・エリオットは、炭鉱労働者の父と兄、そして祖母と4人で暮らしています。母親は、ビリーが幼い頃に亡くなっています。不況により、父と兄はストライキに参加しているため収入はありません。兄・トニーはストライキのリーダーで、毎日のように警官隊と衝突していました。

父親と兄が出かける準備をする中、母親の形見であるピアノを熱心に練習していたビリーは、父に叱られてしまいます。ビリーは町の体育館の前でふてくされていました。ボクシング好きな父のすすめで、ビリーは1回50ペンスでボクシング教室に通うことになったのです。渋々リングに立ちますが、ビリーはまったく楽しくありません。
同じ体育館では、バレエ教室が練習をしています。隣で女の子たちが練習しているバレエに興味を持ったビリーをデビーが踊りに誘います。最初は嫌がるビリーでしたが、つい輪に入って踊り始めます。
バレエ教室のウィルキンソン先生に、靴のサイズを聞かれると、バレエシューズは50ペンスで借りられると言われ、ビリーは困ってしまいます、それでもビリーはボクシングに行くふりをして、バレエ教室に行くことにします。

ある日、ビリーの父は、ビリーがボクシング教室をサボっていることを耳にします。ビリーがバレエのレッスンに参加しているのを見つけた父は、男がバレエなんて女々しいものをしていることに説教をします。

ビリーはウィルキンソン先生の家を尋ねます。ビリーにバレエの才能を見出したウィルキンソン先生は、ビリーを国立のバレエ学校であるロイヤル・バレエ・スクールに推薦しようと考えていたことを伝えます。父には抗えませんがバレエを諦められないビリーは父親に隠れて個人レッスンをすることにしました。

ロイヤル・バレエ・スクールに入るためのオーディション当日、ストライキに参加していたビリーの兄が警察に逮捕されてしまいます。兄を保釈しに行くため、ビリーはオーディションを断念しました。そうとは知らず、オーディションに来なかったビリーの家を訪ねたウィルキンソン先生は、ビリーにバレエをするチャンスをあげるよう家族を説得しますが、父と兄は猛反対します。

ストライキが長引き、貧しい暮らしを続ける一家は薪や石炭を買うお金もないため、父が母の形見であるビアのを壊し暖炉の薪にしてしまいます。ビリーは最悪の気分を踊りで発散しようと体育館で踊っていました。そこへ仲間たちと通りかかった父は、力強く踊るビリーの姿を見て、ウィルキンソン先生の家へ向かいます。バレエ学校のオーディションや入学にかかる費用を聞ききました。バレエ学校に入るために2,000ポンド必要で、ウィルキンソン先生は、その費用を支払ってもいいと申し出ますが、父親は「息子の費用は自分で出す」と断ります。仕事を再開しようとストライキ破りの労働者と共に炭鉱に向かう父を見つけた兄は、父に詰め寄りますが、「俺たちには未来はない。せめてビリーには夢を叶えさせてやりたい」と泣き崩れる父に言われます。

事情を知った労働組合の仲間たちは、金品を質屋に預けビリーの入学費用を集めました。

ビリーと父は、バスでオーディション会場のあるロンドンへ向かいます。バレエ学校に集う人たちから浮いた自分たち、面接では緊張してうまく声が出せず、踊りも硬いビリー。父とビリーは落胆しながら家に帰りました。
しばらくして、選考結果の封筒が届き、ビリーは部屋にこもって手紙を開き何度も読み返します。やっと部屋から出てきたビリーは、心配する家族に、合格したことを告げます。

10年以上が経ち、父と兄はロンドンの劇場を訪れます。そこには、トップ・ダンサーとなったビリーが白鳥の湖を踊る姿が輝きます。

 「リトル・ダンサー」で英語学習のポイント

物語の舞台が、イギリス北部なので、ニューキャッスルの訛りが全体的にありますが、セリフは基本的な英単語や表現ばかりなので、初心者におすすめの映画です。

「リトル・ダンサー」のおすすめの視聴方法と学習方法

現在の英語力や「英語学習をしたいのか」、「純粋に映画やドラマの内容を楽しみたいか」によりおすすめの動画配信サイトは変わってきます。

時間がある方は

  • 英語音声+字幕なしで繰り返し見る
  • 英語音声+字幕なし→英語字幕あり→繰り返し見る
  • 英語音声+字幕なし→英語字幕あり→日本語字幕

といった方法でドラマや映画を視聴すると語彙力やリスニング力が鍛えられます。

管理人のオススメは英語音声+英語字幕で意味がわかるまで繰り返し見る!です。

英語字幕や日本語字幕の有無を参考にして、視聴する動画サイトを選んでくださいね。

「リトル・ダンサー」を視聴した感想