「THE LADYKILLERS 1995」の概要

ロンドンに住む老婦人の家に、音楽団をなのる男たちがやってきます。小柄でお節介なイギリスらしい雰囲気の老婦人と、男たちが繰り広げるドタバタコメディです。

イギリス映画のブラックコメディの代名詞でもある「イーリング・コメディ」のひとつです。

「THE LADYKILLERS 1995」のあらすじとネタバレ

ロンドンのキングス・クロス駅近くの一軒家に住むウィルバーフォース婦人の家に、ある日マーカス教授と名乗る男性が訪ねてきます。マーカス教授は、音楽教授で友人と楽団を結成していて、婦人の家の2階を借りて、練習をしたいと言います。未亡人で、ペットのオウムと孤独な暮らしをしていた婦人は、快く了承します。次の日、五重奏団の仲間がさっそく婦人の家にやってきます。

しかし、楽団というのは真っ赤な嘘で、彼らは強盗犯だったのです。5人の男たちはレコードを流して演奏しているふりをします。

そんなこととはまったく知らず、差し入れをしたり、強奪したお金とは知らず荷物を運んだりと、甲斐甲斐しく男たちにお節介をする婦人。

彼らの計画が無事成功し、婦人の家を出て行こうとします。楽器ケースに入れた大金を運び出している時、ケースが婦人の前で開いてしまい、婦人は彼らが強盗だと知ってしまいました。素性がバレたことで、婦人を殺す計画を立てる男たちですが、お人好しの婦人を殺したくないので、くじ引きで選ぶことにします。小心者のコートニー少佐が、婦人を殺害することになりますが、コートニー少佐は裏切って大金を持ち逃げしようとします。仲間はコートニー少佐を殺害し、大金を取り返しますが、次第に仲間割れが起こり、最後には全員死んでしまいます。

翌日、婦人は警察へ行き事情を話しますが、いつもの世間話だと思って取り合ってもらえず、結局、婦人が大金を手にして幕を閉じます。

 「THE LADYKILLERS 1995」で英語学習のポイント

「THE LADYKILLERS」の動画を視聴した感想では、最近のイギリス英語とだいぶ発音が違うように感じました。聴き慣れてくると、音が一音一音はっきりしているので、リスニングの向上が期待できそうです。

「THE LADYKILLERS 1995」のおすすめの視聴方法と学習方法

現在の英語力や「英語学習をしたいのか」、「純粋に映画やドラマの内容を楽しみたいか」によりおすすめの動画配信サイトは変わってきます。

時間がある方は

  • 英語音声+字幕なしで繰り返し見る
  • 英語音声+字幕なし→英語字幕あり→繰り返し見る
  • 英語音声+字幕なし→英語字幕あり→日本語字幕


といった方法でドラマや映画を視聴すると語彙力やリスニング力が鍛えられます。

管理人のオススメは英語音声+英語字幕で意味がわかるまで繰り返し見る!です。

英語字幕や日本語字幕の有無を参考にして、視聴する動画サイトを選んでくださいね。

「THE LADYKILLERS 1995」を視聴した感想

ストーリーの構成がシンブルなので好き嫌いが分かれますが、かわいらしいおばあちゃんや、おばあちゃんと男たちのすれ違いの会話、サスペンス、アクションが盛り込まれ、60年以上前の作品にも関わらず面白いかったです。

おすすめの記事