「ケス」の概要

1960年代のイギリス・ヨークシャー地方にある炭鉱町。10代の少年ビリーは、母ととsの離れた兄・ジャドと3人暮らしです。ビリーは、勉強が苦手で、内気で学校にも馴染めない少年です。孤独な少年が、鷹のヒナ”ケス”と出会い変わっていく様子を描いた物語です。


「ケス」のあらすじとネタバレ

1960年代のイギリス・ヨークシャー地方にある炭鉱町。10代の少年ビリーは、母ととsの離れた兄・ジャドと3人暮らしです。ビリーは、勉強が苦手で、内気で学校にも馴染めない少年です。

ある日、ビリーは朝早く町を歩いていると、鷹のヒナがいるのを見つけ、追っていくと廃墟の教会にたどり着きます。教会に近付こうとするビリーですが、中年の男性に止められます。鷹のヒナを育てたいと主張しますが、男性は鷹を育てるのは簡単ではないと言い聞かせます。鷹のヒナを育てたいビリーは、町の図書館へいき、鷹の飼育本を探します。しかし、図書カードや親の承諾がないビリーは本を借りることができず、諦めきれないビリーは古本屋へ向かいます。そこには鷹の飼育本があり、万引きしてしまいます。家に帰ると、ジャドに見つかり馬鹿にされてしまいます。

翌早朝、鷹を保護するためにビリーは教会に向かいます。教会の外壁を登り、ヒナを持ち帰り”ケス”と名付けます。。読み書きが苦手なビリーですが、難しい専門書を片手に鷹の餌付けや調教の仕方などを必死に学びます。

ある日、学校で自分の話を発表する授業がありました。先生に指されたビリーですが、何も話そうとしません。何も話そうとしないビリーに困った教師は、クラスメートにビリーについて話させます。クラスメートが、ビリーは鷹の調教に夢中で誰とも遊ばない変人だと告げます。教師は鷹の飼育について話すよう諭すと、教師も知らないような言葉で話馴染めるビリー。いつもパッとしないビリーが初めて注目される瞬間でした。
その日の休み時間、上級生からからかわれたビリーは喧嘩をして真っ黒になってしまいます。喧嘩を止めに入ったのは先ほどの授業の教師で、いままでの鬱憤を出したビリーと教師は、鷹の調教を見せることを約束します。

帰宅したビリーは、ジャドに頼まれ馬券を買いに行きます。馬券場で会った初老の男性に、「その馬券は当たらない」と言われ、馬券を買うのをやめ、鷹の餌やフィッシュ&チップスを購入します。
翌朝、馬券を買わなかったことに怒ったジャドがビリーを追い回します。逃げ切ったビリーですが、嫌な予感がします。急いでビリーはケスの飼育小屋へ行きます。ケスを呼びますが、どこにも見当たりません。泣きながら家に帰り、ジャドに詰め寄るビリー。ジャドは消すを殺し、ごみ箱に捨てたと答えます。
家を飛び出したビリーは、ケスと初めて出会った教会に亡骸を埋めます。

 「ケス」で英語学習のポイント

ヨークシャー地方が舞台で、労働階級の家庭の子供の話なので訛りがあります。

「ケス」のおすすめの視聴方法と学習方法

現在の英語力や「英語学習をしたいのか」、「純粋に映画やドラマの内容を楽しみたいか」によりおすすめの動画配信サイトは変わってきます。

時間がある方は

  • 英語音声+字幕なしで繰り返し見る
  • 英語音声+字幕なし→英語字幕あり→繰り返し見る
  • 英語音声+字幕なし→英語字幕あり→日本語字幕

といった方法でドラマや映画を視聴すると語彙力やリスニング力が鍛えられます。

管理人のオススメは英語音声+英語字幕で意味がわかるまで繰り返し見る!です。

英語字幕や日本語字幕の有無を参考にして、視聴する動画サイトを選んでくださいね。